ITでアートといえば、グラフィックデザイナーの仕事と言えるでしょう。
本や雑誌のデザインをしたり、パッケージのデザインをしたり、空間をデザインしたり、家電をデザインしたり、時には芸術家としての表現をしたりと、多様に活躍する人々がいます。

必要なソフトはIlusutraterやPhotoshop、あるいはCADソフトなどと多様です。
Flashなどの動画ソフトを使って、動画での表現をすることもあります。見た目の美しさ、使用感の美しさや心地よさを追求するものですから、広義にいえば、みな芸術家ともいえます。
デザイン段階でITを使っていれば皆、ITアートとなりますので非常に多岐な分野です。デザインとテクノロジーを組み合わせて作品を作る人々を、最近は「Electrical Fantasista (エレクトリカル・ファンンタジスタ)」とも呼んでいます。
彼らはアートの域を超えてテクノロジーで人に癒しを与えたり、感動させたり、刺激を与えたりしています。

例えば、ゲーム機。一瞬普通のゲーム機に見えるけれども、実際には負けると何らかの痛みを伴うというユニークなものです。
また、アザラシのぬいぐるみが柔らかくうごいたりして癒しを与える「PARO」は「世界で最もセラピー効果があるロボット」としてギネスブックが認定しています。
このように、アートとITは密接につながりを持っていて、生活に密着したものとなっているのです。

自分自身の創造性を活かしてWeb上でアートを表現するWebデザイナーは、進み行くIT業界にとってなくてはならない存在です。
最近では、フリーランスとして独立する方も多くなってきました。IT時代の真っ只中であるため需要が高く、フリーランスの求人も多いようです。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*